自己紹介とFF14への想い

この記事は約5分で読めます。

拝啓:こんなページまで見てくれたあなた様へ

はじめまして!こんな隠れページまでみてくれて、見てくれてありがとうございます!

Ultimaでのほほんと暮らしているElem(エレム)と申します(^v^)

※今は猫ですが、スタート当初はアウラのために有料版からスタートするほどアウラLOVEでした(*^^*)

この場を借りて自己紹介と、誰にも1度も語った事がないFF14へのアツい想いを綴ります!

FF14は私の人生を変えてくれたゲーム

重い!重すぎる! …だけど文字通り、私の人生はFF14と出逢って、劇的に変わりました。

その前にまず、リアル子どもの頃の話を少し

ちょっと前は「女子がゲームなんて恥ずかしくて言えない」時代がありました。

でも父の影響で、子どもの頃からゲームが身近にある環境で育ったわたしは、
夢があるRPGが大好きで、密かにハマってゲームしまくっているタイプでした。

そんな時、父が友人から借りてきたFF4に出逢ったのがFFシリーズとの出会い。

※実際はドット絵の方ですが…w

心に響きまくるストーリーに、当時は本当に衝撃を受けました(*^^*)

でも、社会人になってから…大変なブラック企業に就職してしまったのとw、
ゲームにハマると廃人になっちゃう自分も知っていたので、ゲームからも完全卒業。
それから、かなりの時が流れました。

そんな中、FF14と出逢ったきっかけ

土日も寝る間も惜しんで仕事を頑張りすぎたせいで、心身共に疲れ果ててました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

一方で、同僚に無邪気に「FF14しよー!」と数ヶ月間に渡り誘われ、断り続けていましたが、

しつこすぎて←w、ふと「FFだしやってみようかなぁ」と思い、始めたのでした。

初めて降り立ったグリダニアの地

FF8で止まっていた私のゲーム人生からすると、凄すぎるグラフィック。

そんな美しいグラフィックで、しかもオンラインゲームなのに「ラグ」(死語)がない世界。

グリダニアではじめまして

そして、たくさん人がいるのになぜかすぐに自分を見つけてくれた同僚のDrake。

すべ て に 超 感 動 !

先行してFF14を始めていたSirukoさん

1ヶ月先に、Drakeの誘いを受けてFF14を始めていた姉弟子(中身♂)のSiruko。

数ヶ月後に、同じく同僚のLancelotもFF14をスタート。

これまでどんな大親友にも言わず密かにゲームしてきた私からすると

リアルの繋がりでゲームをするという経験が初めてで、とても楽しく、

言うまでもなくFF14自体も(難しいけど)楽しすぎて、のめり込みました。

だが、ゲームの才能がまるでない自分…

FF14は本当にできることが多く、UIも複雑で、操作がムズいですよね。

さらに、キーボードもなくて、ドラマ「光のお父さん」ばりにグルグル走り回ったり、
エモート「踊る」ばかりを頻発して、過ごしていましたw

地図も開けない、開けても読めない、すぐ死ぬ、コミュニケーション取れない。

そんな中でLINE通話を使って直接、根気強く教え続けてくれた誘い主Drake。

からの、突然のゲーム内プロポーズ ∑

ゲームを初めて2ヶ月位経った、ある日。

コルタ・デ・ソルの南にある、灯台に連れて行かれました。

エオルゼア、晴天の昼の空の下。

突然Drakeがひざまずき、ゲーム内プロポーズされました。

※↑この時は驚きすぎてSSどころじゃなかったので、数年後のイメージSSです笑

「リアルは置いといて、せめて終わりがある
この世界の終点まで連れていくから、結婚してください」

私たちは2年以上、ただの同僚だったわけです。

年もそれなりに離れているし…お互い好きな人(付き合ってる人)もいたし…

何より国籍も文化もまるで違う2人でした。

FF14をしてなければ、仕事外で会話する機会もない2人だったんです。

「恋愛視点」で考えた事がなかった相手なので、「リアルは置いといて」と言っても、、、

LINE通話越しなのもあり、その時は恥ずかしすぎてとっさにLINE通話を切ってしまいした。。。

でも、やっぱり嬉しい。

切ってしまった電話を謝って、プロポーズを受けました。

エタバン

FF14を始めてから2ヶ月後の5月13日。

DrakeのFF14仲間達と、リアル同僚のSirukoとLancelotも招いてエターナルバンドを決行。

同僚SirukoとLancelotの反応は「!?!?!?」でしたが、そりゃあそうですよねw

こちらも、とても恥ずかしくて戸惑いまくりでした。

だけど…Drakeはそんな私の100倍くらい緊張していたのでした笑。

あまりに緊張しすぎて言葉に詰まってるので、明るく振舞ってサポートに入る私。←

※写真&お祝いデコはDrake友人の方がしてくれました*+( ´▽` )+*

FF14とエタバンをきっかけに

リアルでも関係性が変わったのは言うまでもありません。

仕事の話をするだけの関係から、FF14の話をする関係に。

さらに、お互いの恋愛相談までするようになりました。

その後、FF14×東京タワーのイベントがあった時に初めてデートする事に。

そこから2ヶ月後には、リアルプロポーズ。

同僚期間も長かったせいもありますが、
FF14をきっかけにより深い人間性や、互いの価値観も理解していたので、

「付き合う」期間は必要ありませんでした。

わたしには10年間お付き合いしてる人がいて、結婚間近でした。

だけど、たった2ヶ月のFF14ライフをきっかけに、

その長い期間の関係を越えて…結ばれたのは彼でした。

ちょうど1年後の5月13日…リアルエタバンー結婚式を挙げました。

それから早2年

同僚とはいえ、たった2ヶ月で付き合い期間もなく、ゲームがきっかけで結婚!?

たしかに最初は正直、大きな不安はありました。

でも2年間経った今でも、当時の気持ちと何も変わらず、幸せな日々を過ごしています。

あの時の選択と気持ちは間違ってなかったと感じます(^^)

現在のFF14ライフ

FF14ライフも約2年位になりますが、全JOB LV70の夫の隣でやりこんだ結果、

ゲーム才能がない私もだいぶ詳しくなり、零式2層まではクリアできるレベルにはなりました!
(※零式3&4 層までは行けないorz)

このブログを始めた理由

このブログをなぜ始めたかというと…私の人生を文字通り変えてくれたFF14に感謝しているし、何より昔から夢があるFFシリーズが大好きだから。ただ、それだけです( ´▽` )

あと、FF14はシステムが本当にしっかりしてて良く出来たゲームなのですが、
初心者やゲーム慣れしてない人には理解が超絶難しい…ため、
そんな人の役にも立てたら嬉しいです!!

とても長くなりましたが…ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございました。

あなたにも、エオルゼアのご加護がありますように…+*

タイトルとURLをコピーしました